買っていい不動産・買ってはいけない不動産

現役融資担当者が教える
〜融資を受けられる不動産の見分け方

不動産投資をする方のほとんどは、購入する不動産を担保に金融機関からお金を借りて購入されることと思います。

不動産投資の魅力の一つはなんといっても、レバレッジを利かせて大きい買い物ができるというところでしょう。

しかし、金融機関はすべての不動産を担保に取るわけではありません。

あなたが、不動産を購入しようとしても、金融機関が担保にとらないため、融資を受けられなかったというのは、よくある話です。


金融機関が担保に取らない不動産は明確に存在します。


このレポートでは、金融機関で融資実務に携わっている著者が、担保に取る不動産と担保に取らない不動産を解説しています。

詳しくはコチラ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。